どうしても愛を抑えられず、駄菓子を自作することにした

大人になれば駄菓子を買うのをやめられると思っていた。

f:id:juneray:20210116173009j:plain

それがどうだ。

労働の対価* を得られるようになってしまったせいで、やめるどころか、今や購入する単位が「ケース」である。

(*…どんぐり、ベルマークなど)

 

幼少期、私は常にお腹を空かせていた子どもだった(別に生い立ちに不幸があったわけではなく、シンプルに食欲がぶっ壊れていた)。小銭を得るやいなや商店街に行き、小さな予算の中でその日のパーティを考える。あの感じの幸せだけでずっとやってこれたらよかったのに。

 

駄菓子を愛し続けてもう20年以上にもなる。

この気持ちを、何らかの形で世に表明した方がよいのではないか?私はそう考えた。

f:id:juneray:20210116173801j:plain

脳内会議の様子

f:id:juneray:20210118002706j:plain

続・脳内会議の様子

駄菓子の二次創作をする。
自分でも何を言っているかよくわからないが、なぜか「これだ」という気がした。
今までもずっと、好きすぎて気が狂いそうなものは二次創作という形で自分を落ち着けてきたのだから。


 

ぼくがかんがえたさいきょうの駄菓子

二次創作といっても、既存のマスターピースを真似て造るわけではない。そんなことをしてもオリジナルの素晴らしさを思い知るだけだ。

駄菓子の解釈…今まで長年お世話になってきたお気に入りの駄菓子たちに、アンサーソングならぬアンサー駄菓子を捧げることにした。

f:id:juneray:20210116174545j:plain

 正直に言おう。わたしはタラタラしてんじゃねーよを週5で食べている。会社近くのコンビニで売っているのが悪いのだ。全てのコンビニがタラタラしてんじゃねーよの取り扱いをやめる蛮行に出るか、全てのコンビニが潰れるまで買い続けるだろう。

 

f:id:juneray:20210116175120j:plain

馬車馬のように働いた帰路にこれが”効く”

疑いようもなく、筆者がもっとも愛を叫びたい駄菓子はタラタラしてんじゃねーよだ。ここからアンサーをはじめよう。

 

 

 タラタラしてんじゃねーよの対バンになりたい

タラタラしてんじゃねーよ。

f:id:juneray:20210116234411j:plain

突拍子もないように見えて、いいパッケージとタイトルだ。

おそらく原材料の「魚肉」に鱈が使用されており、「タラタラ」とかかっているのであろう。パンクバンド風のこのキャラクターは、激辛味の精神性を表現したものと推測する。駄菓子のメッセージにしては強烈だ。

f:id:juneray:20210116175237j:plain

 原材料は魚肉、でん粉、たん白加水分解物など。
魚肉、でん粉はまだ分かるとして、たん白質なんちゃらってマジで何?

調べたところ調味料の一種らしいが、たん白質を自宅で加水分解するところから始めていたら業者になってしまう。
今回は身の回りで気軽に手に入る食材のみ使用することにする。

 

f:id:juneray:20210117183948j:plain
ということで、スーパーで鱈を買ってきた。これで基礎を造る。

チータラのガワ的なものならレシピがネットに投げてあるだろうとタカを括っていたが、どのように検索してもチータラのガワを自作している人はいなかった。勘でいくしかない。

 

おそらく、あれはシート状の焼きカマボコなのだろう。とりあえず酒と水で蒸して、鱈に火を通してみる。

f:id:juneray:20210117184114j:plain

ちなみに蒸す工程が不要であることに気づいたのはかなり後になってからである

f:id:juneray:20210117184250j:plain

小骨と皮を取り除きながらすり鉢で練っていく。我が家にブレンダーなんてものはない。

f:id:juneray:20210117184416j:plain

ボウルに移し、つなぎの片栗粉を入れる。調味料としてきび糖(重要)と醤油を合わせたタレも。

f:id:juneray:20210117184512j:plain

練って弾力がでてきたら、オーブンシートに挟んで綿棒で薄くのばす。

f:id:juneray:20210117184517j:plain

180℃のオーブンで20分。端っこがパリパリになってしまったが、かなりそれらしいものができた。砂糖醤油味の魚肉シート完成。

 

f:id:juneray:20210116234245j:plain
タラタラしてんじゃねーよのサイズは約1.5×2cm。これを目安に魚肉シートをカットしていく。

f:id:juneray:20210117191156j:plain

中身ができた。ちょっと見た目は悪いが、二次創作がオリジナルを越えようなどと考えることがそもそも烏滸がましいのだ。

 

続いてパッケージの作成に移るが、ここでコンセプトの説明をしておこう。

タラタラしてんじゃねーよに対する私のアンサーは、これだ。

f:id:juneray:20210117014611j:plain

キビキビやってやんよ

タラタラしてんじゃねーよなんて、上から言ってくれるじゃん。

こちとら対バンのガールズバンド。ゴチャゴチャ言われなくてもわかってるぜ。

今湧かしてやっから待ってなよ。

自分のジョークについて説明する苦行をなぜ自分に課さなければならないのかと思うが、名前は調味料に使用した「きび糖」とかかっている。

 

f:id:juneray:20210116234138j:plain

タラタラしてんじゃねーよのパッケージは約12cm×13cm。

パッケージを作るため、クリップシーラー(熱で袋を圧着する機械)と専用の袋を買ってきた。

f:id:juneray:20210117185126j:plain

オリジナルの駄菓子のパッケージと同じサイズに切って、熱で四隅を圧着。その後プラスチックフィルム製のシールを貼る、という手順。

f:id:juneray:20210117185737j:plain

シールを印刷し、余白を切り落としておく

f:id:juneray:20210117184958j:plain

タラタラしてんじゃねーよの内容量に合わせて、「キビキビやってやんよ」を12gに小分け。

 袋に詰めて、シールを貼ったら完成である。

f:id:juneray:20210117192005j:plain

「タラタラしてんじゃねーよ」のアンサー駄菓子、「キビキビやってやんよ」。  

f:id:juneray:20210117192122j:plain

筆者だけが待ち望んでいた対バン。キビキビやってやんよは駆け出しのバンドのため、まだ最前列で湧く観客がいない。これからどんなパフォーマンスで魅せてくれるというのか……


早速友人に食べてもらった。

f:id:juneray:20210117193614j:plain

友人「うまいなこれ つまみっぽい」


私「なんかマグロのキューブみたいな味するね」

友人「止まらん 助けて」

 

タラタラしてんじゃねーよ特有のふわっとした食感は再現できなかったが、魚の香ばしさときび砂糖醤油の甘じょっぱさが後を引く。これはこれで美味しい駄菓子だ(友人は食べる手が止まらなくなり、最終的には「腕を縛ってくれ!!」と叫んでいた)。

 

 

〇〇さん太郎、駄菓子界のイーブイ

気が付いたことがある。

 

 これ、もしかして○○太郎シリーズの基礎と同じではないだろうか?

 

酢だこさん太郎や焼肉さん太郎、バリエーション豊かな彼らを誰しも一度は食べたことがあるだろう。

f:id:juneray:20210116175734j:plain

デュエルスタンバイ

f:id:juneray:20210117022958j:plain
原材料をみてみたところ、やはり「魚肉すり身」の文字!そして小麦粉と、イカ粉。

イカ粉…?

 イカを…?粉に…?このわたくしが…?

f:id:juneray:20210117022811j:plain

脳内お嬢様も困惑しておいでです

謎のイカ粉はお好み焼き用の切りいかで代用するとして、ベースが魚肉すり身+粉であることには変わりない。焼肉さん太郎や蒲焼さん太郎も、味付けが違うだけで基礎は同じであった。まるで駄菓子界のイーブイ

ということで、次に造る駄菓子は○○さん太郎シリーズとする。

私が特に気に入っているのはのし梅さん太郎、わさびのりさん太郎だが、理由は「大人っぽい味付けで酒に合う」から。

大人向けの味付けで考えるとしたら、もはや選択肢はこれしかないだろう。

f:id:juneray:20210116183410j:plain

寿司。

大人の食べ物といえばこれ。マジで最高。

もし私がアメリカの死刑囚になったら、最後の食事に「マグロを二貫」と頼んで後世のネットで面白がられるだろう。

f:id:juneray:20210116182843j:plain

『凶悪犯の最後の晩餐集』より


○○さん太郎シリーズはびちゃびちゃのタイプとパリパリのタイプがあるが、寿司は何となくびちゃびちゃな気がしたので漬け汁を造る。

f:id:juneray:20210117192713j:plain

ガリの汁に水溶き片栗粉でとろみをつけ、醤油とわさびで寿司っぽさを演出。

f:id:juneray:20210117195218j:plain

こちらは生の鱈で作ってみよう。

f:id:juneray:20210117195310j:plain

f:id:juneray:20210117195341j:plain

f:id:juneray:20210117195401j:plain

すり鉢でペースト状になるまですって、小麦粉、切りイカ、塩を加え、酒と少量の水で形を整える。キビキビやってやんよ同様、クッキングシートに挟んで焼いたら基礎の完成。

 

f:id:juneray:20210116222617j:plain

寿司さん太郎のパッケージを作成

f:id:juneray:20210116222844j:plain

「大人の辛(から)さ!」とキャッチコピーを書いたら、「大人の辛(つら)さ!」としか読めなくなってしまった


先ほどの「キビキビやってやんよ」もそうだったが、駄菓子のパッケージは部分的に透明になりがちだ。 

f:id:juneray:20210116235703j:plain

わさびのり太郎のシルエット、マジで何なんだ

この記事では市販の不透明シールフィルムを使用している都合上、部分的に透明にすることができない。手動でちまちま切り取ることになるが、駄菓子に対する愛を表明するためならそのくらいの手間は惜しまない。

f:id:juneray:20210117194744j:plain

我が家にはピンキング鋏がないため、ギザギザ部分もカッターで切り取る。

こちらも同様に印刷し、透明部分をバラン型に切り抜く。酢だこさん太郎と同じ4×11cmに切った基礎と漬け汁を入れ、口を閉じたら完成。

f:id:juneray:20210117203933j:plain
こちらも友人に食べてもらう。

 

私「どう?」

 

友人「これ穴子の寿司だ。」

 

穴子の寿司ができた。

 

 

謎の粉を知っている粉にしよう

しょっぱいだけが駄菓子ではない。

子どもと言えば、甘いもの好きの代表と言っても過言ではない存在。

 チューブに入った柔らかい糖(何でできているのか未だに分からない)とか、容器に入ったヨーグルト的な何か(何でできているのか本当に分からない)とか、思い出深い駄菓子はたくさんあるが、筆者が特に好きだったのはこちらである。

f:id:juneray:20210116183833j:plain
粉に水をいれるだけのジュース。

 幼少期、駄菓子がたまに持つ魔法っぽさに魅了されていたが、そのうちの1つがこれだった。お風呂の入浴剤なんかもそうであるが、子どもはだいたい「粉を水に入れる」行為が好きだ。

f:id:juneray:20210116185038j:plain

ビーカーで飲むと化学の味がしてうまい

当時はコーラ味こそ至高、天上天下コーラ独尊と思っていたが、擦れた大人になったいま本当に欲しい液体はこれである。

f:id:juneray:20210116184931j:plain

大人のエリクサー。

我々業深き大人たちは、時としてジュースでは癒せない「乾き」を抱えている。

が、流石に駄菓子に酒を入れるのは邪道すぎるため、ノンアルコールぶどうシュワシュワを目指すことにした。ノンアルコールなら、運転中や会社の大事な会議中でも安心である。

f:id:juneray:20210117200405j:plain

粉ジュースのシュワシュワはどうやってつくっているのだろうと原材料を見てみたら、それらしき原材料が「重曹」しかなかった。マジでか?

試しに重曹だけ水に入れて飲んでみたところ、普通に苦えぐいだけの水になって最悪だった。「あ、酸味料ってクエン酸か」と気づいたのは約1時間後のことである。

 

正体がわかったところで、さっそく作ってみよう。

f:id:juneray:20210117200727j:plain

f:id:juneray:20210117200832j:plain

粉にぶどうの香りをつけるため、上白糖に少量ずつグレープジュースを加える。

f:id:juneray:20210117200932j:plain

焦げないように熱し、みぞれ状になったペーストに上白糖を足してすり混ぜる。

f:id:juneray:20210117201107j:plain

 ぶどうフレーバーの砂糖ができた。すごいマスカットの香り。

f:id:juneray:20210117201311j:plain

クエン酸重曹を小さじ1ずつ入れ、大きい結晶を砕きながらよく混ぜたら完成。

なんで粉ジュースってどの作成過程も実験みたいになるんだ。

 

f:id:juneray:20210116223203j:plain

続いてパッケージ。飲み物のイメージイラストと共に、背景はフリー素材の夜景(100万ドルの夜景の対義語)を合成した。

いつか六本木タワー?みたいなのにエレベーターで登って、社交ダンスを愉しみながら高級な飲み物を飲むのだという幼少期の妄想を詰め込んだ、まさに夢の粉である。気分はもうシンデレラ。

 

f:id:juneray:20210117201645j:plain

他の粉ジュースと同容量の12g計って袋詰めしたら、グレープ・スパークリング完成!

 早速ジュースにしてみよう。

f:id:juneray:20210117202631g:plain

おおおおおおおおおお

f:id:juneray:20210117202321j:plain

思ったよりシュワシュワして盛り上がってしまった。ほのかなブドウの香りと甘酸っぱさが心地よく、スポーツの後などに飲みたいおいしいドリンクである(調べたところ、クエン酸重曹も適量を摂れば疲労回復の効果があるようで、スポーツ後や会議中に飲むのはマジでいいのかもしれない)。

f:id:juneray:20210117202749j:plain

シール貼る前の「ゴト」感がやばかった

 

まとめ

アンサー駄菓子をたった3種類作るのに、ほぼ丸一日かかってしまった。こんなに手間がかかっておいしいものをたった数十円で提供してくれる駄菓子界はなんと偉大なのだろう。

 

ちなみに

f:id:juneray:20210118232621j:plainf:id:juneray:20210206080412j:plain
f:id:juneray:20210119000826j:plain

もう駄菓子メーカーさんに足を向けて寝られません。

JUNERAYでした。

 


【追記】2021/02/17
オモコロ杯2021にて優秀賞(本大会最高賞) をいただきました。

 

JUNERAYが書いた記事まとめ

今まで書いた(参加した)記事一覧です。下の地層に行くほど古くなります。

 

dailyportalz.jpDPZの「推す飯」シリーズ手土産編、酒担当で参加しました。
古賀さん、ハナウタさん、3ykさんチョイスの手土産も必見!

 

dailyportalz.jp

みじかい記事シリーズ。バラエティ番組でよく「レモンが甘い!」と言っているアレです。
ラクルフルーツ+キウイは本当に美味しい!

 

dailyportalz.jp

果実酒を季節問わずに仕込むため、ドライフルーツを使ってはいかがかという提案です。
マンゴーテキーラアプリコットアマレットは是非試してみてください。

 

dailyportalz.jp

みじかい記事シリーズ。『ゴールデンカムイ』で谷垣が傷口を洗われていたやつです。個人的にはけっこう好きな味でした。

 

omocoro.jp

テキーラ、美味しいのに色々と不遇すぎる。かんたんな解説と、オモコロ編集部の永田さん、ARufaさん(+マンスーンさん)に試飲していただいた記事です。

 

omocoro.jp

未読の方でも安心・ネタバレ最小限、解説ありのクイズ記事。アニメ6部も岸辺露伴ドラマ2期もくるぞ!みんなジョジョを読んでくれ たのむ

 

omocoro.jp

お花の天然色素で青く色付けられたジン。pH(ペーハー)値で色が変わります。
オモコロ編集部のかまどさん、永田さん、ARuFaさんに試飲していただきました。

 

dailyportalz.jp

みじかい記事シリーズ。無印良品の「辛くないグリーンカレー」。そんなことしていいんだ、と思いつつ、味はとても美味しい。
発売当初のグリーンカレーって泣くほど辛かったよね?

 

dailyportalz.jp

みじかい記事シリーズ。
牛乳炭酸は…なんか、すごかったよ……

 

dailyportalz.jp

撮影に4日、炎天下の中ホームセンター5往復して書いた記事。もっとモルタル塗るの上手になりたい。

 

dailyportalz.jp

みじかい記事シリーズ。SACRÉの期間限定フレーバー、美味しいのに二度と出会えないがち。ライム味さん…梨味さん……。

 

manekai.ameba.jp

はてな編集部さまのご依頼で、マネ会 by Amebaさまに寄稿しました。

私が家に花を飾るようになった経緯から、基本のお手入れ、持っておくと便利なアイテムなどについてお話ししています。これからお花を迎える皆さまにお読みいただければ幸いです。

 

dailyportalz.jp

みじかい記事のシリーズです。電動サイフォン、見た目もかわいいし淹れてくれるコーヒーが美味しく、さてはいいやつだなと。

 

youtu.be

愛する地元・仙台市の道歩き案内です。
ジョジョ4部を現地で観るために出戻った話はカットされました。

 

youtu.be

まさかの2連続ゲスト出演。
ジューンレイの新婚旅行プランを考えていただきました。後半は私が大好きなアレの話です。

 

youtu.be

Satoruさん、岡田悠さんの「旅のラジオ」にゲストとしてお招きいただきました。
お二人とも大好きなライターさんなので、わくわくしながら収録にのぞんだところ、ゲストというよりも「お前ちょっと校舎裏来いや」でした。

 

dailyportalz.jp

今までの撮影で最も過酷だったかもしれません。
飴を絹糸上に伸ばすノウハウをご存知の方はぜひご教授ください。それはそれとしてSoanPapdiはおいしい。

 

srdk.rakuten.jp

箱にぎっちり詰まった駄菓子と各種ワインを戦わせる企画です。まじめなワインの味基礎知識+超かんたんペアリング入門も読めてお得。
大量の駄菓子があるという時点で楽しいんですよ。そんな宅飲みやってみてください。

 

dailyportalz.jp

SUBWAYの推しカスタマイズを募ったところ、272件ものカスタマイズレシピが集まりました。
いま気になる3つを実際に買ってみます。(ネタバレ:めちゃくちゃおいしい)

 

omocoro.jp

世の中には、漫画みてーなかっこいいエピソードを持つ酒がある…
出題者に原宿さん、回答者にダ・ヴィンチ・恐山さんとかまどさんをお招きし、3択クイズを開催しました。
正解するほどに酔いが回る、恐ろしくも楽しい企画です。

 

dailyportalz.jp
ジンジャーエール、他の薬味でもつくれないかとレシピを練った記事です。
ミョウガエール、大葉エール、梅肉エール、ネギエールをつくりました。おいしいよ。

 

dailyportalz.jp

 ゴールデンウィークのお役立ち便利記事100連発のうちの1つでした
1/100って考えるとレアねえ

 

dailyportalz.jp

家の中で春っぽい行事がしたくて、練り切りに初挑戦してみました。
途中からナマコやウミウシをつくりはじめます。

 

dailyportalz.jp

フラペチーノが飲みきれない身体になってしまったので、各コーヒーチェーンのふつうのコーヒーを飲み比べてみることにしました。
レジ前のそぼくなお菓子、うまい

 

dailyportalz.jp

道を歩いていて、ふと謎のいい香りに襲われること、ありませんか。
その正体は彼らです。

 

dailyportalz.jp

10年前に体験した「ホムペ」文化のはなし。
再現画像に素材、デコメ絵文字など、造ったり描いたりをとても頑張ったので見てください。

 

dailyportalz.jp

dailyportalz.jp

推す飯第8回〜輸入食材編〜に参加させていただきました。ドゥシャスもスキクイーンも信じられないくらいうまいのでぜひ!
古賀さんの進行と編集がすばらしすぎてずっと感動しっぱなしでした

 

juneray.hatenablog.com

オモコロ杯2021 優秀賞(本大会最高賞) 受賞作品  
「駄菓子の二次創作」「アンサーソングならぬアンサー駄菓子」
自分でも何を言っているのかさっぱりですが、愛を伝えるためにはこれしかないと思いました。

   

blog.hatenablog.com

2/5 こちらの記事について、週間はてなブログ様にインタビューしていただきました。

 

dailyportalz.jp

ホームセンターの鍋を改造して簡易蒸留器を造りました。
クラフトジンに憧れて、河川敷まで野草を摘みに行ったり、ノンアルコールジントニックを造ったりしています。

 

card-media.money.rakuten.co.jp

はてな編集部様よりお話をいただき、楽天カード様のメディアに寄稿させていただきました。
いつもよりリラックスしてお花について語っています。

 

dailyportalz.jp

ノンアルコールビールよりも場所を選ばずに飲める「オルタナティブドリンク」を創作する記事です。
 こちとら常に会社でビール的なものが飲みてえのよ。

 

dailyportalz.jp

 デイリーポータルZ様 新人賞2020 入賞作品
昔バーで修行してた時代があったのですが、その時に知った「ファットウォッシュ」なる技法を実践しています。

 

note.com

 ↑の元記事。

 

nlab.itmedia.co.jp

 ねとらぼ様にお声がけいただき、noteに公開していた記事を載せていただきました。
2020年4月ごろの花市場の状況は本当に悲しいものでした。買い手がつかないせいで競りがいつまでも終わらず、いつも賑わっている市場が閑散としている。市場の方も農家の方も非常に苦しい思いをされたことと存じます。
花屋のはしくれとして何かできることはないかと考え、ご自宅で花を楽しむ際の超・入門編の記事を書きました。

  

note.com

 ↑の元記事です。

 

note.com

 カクテルってロマンありますよね。
自宅で自由にお酒を楽しんでほしくて、スーパーの食材縛りで「それっぽい」お酒を作った記事です。

 

note.com

 JUNERAYは元酒屋でして、この世情で家飲みを応援しています。
スーパーでよく知らんビール買うの、楽しいから本当におすすめです。

 

note.com

 cakes様 クリエイターズコンテスト2020 入賞作品
タイトルのまんまの記事です。国土交通省に電話をかけたりしています。

 

nlab.itmedia.co.jp

 伊勢丹新宿店で開催された「世界を旅するワイン展」の紹介記事です。
お酒を飲み続けながら取材するのは精神力が必要だと思いました。どのワインも最高におすすめなので、見かけたら買ってみてください。

 

note.com
ボジョレーヌーヴォーのこと、おせち料理とかバレンタインデーのチョコレートみたいなものだと思っていませんか?
ワインに苦手意識がある方にこそ読んでいただきたい、気軽で明るい記事です。

 

 

 

JUNERAY
ジューンレイ

f:id:juneray:20210115001628j:plain

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの花屋。
花を売った金で酒を買っている。